1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2017

バリ風住宅建てました。<BARI HOUSE>バリハウス

バリ島好きな建築家、好きが高じて思わずバリ風住宅を設計してしまいました。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: エントランスアプローチ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

通路を長めに確保して点景をたのしみます。

2007_0310_105019AAs-.jpg


日本は物価高で土地もそう広くは確保できないものです。

敷地に余裕が無ければ道路からいきなり玄関ドアを開くなんてことも
よくあることでしょう。

でも、バリ風の家を造るのであればたとえ限られた敷地でも
道路から玄関までは自然を感じながら風情を楽しみたいものです。
鳥の鳴き声やカエルの横断をたのしむとか、、、

実際はそこまでの造りこみは出来ませんが、、(笑)

それでも帰ってくるのが楽しくなるような、ゲストの目を楽しませるような、
点景を加えてみました。





2007_0310_105044AAs-.jpg

2007_0310_105249ABs-.jpg

2007_0310_105119AAs-.jpg





2007_0310_110106AAs-.jpg



コストはとても大事です。
潤沢な建築資金があれば本物を取り寄せて素晴らしいバリ住宅も出来ることでしょう。

今回のテーマのひとつはバランスよいバリ風住宅を建てることでした。

コストも掛けるところとそうでないところを明確にして、
普通の人でも叶えられるような建物を目指しました。

デザインも同様です。
そもそもここは日本。自分の建物だけやりすぎてしまっては、
周辺環境を壊しかねません。

バリ島の正装である、「クバヤ」を着て過ごす必要も無いくらい
カジュアルなデザインにしました。



ポーチ土間も面積が広いのでタイルを貼るとコストも張るので、
色モルタルにアクセントタイルを張り、安く見えないように、
(どちらかといえば高級に見えるように)(笑)
表現しました。

2007_0310_105958ABs-.jpg





シンプルな玄関灯









↓よろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


そもそものいきさつは・・

Author:bariman
エントスケッチyo

バリ島のビラでビンタンビール飲み、ピーナッツをつまみながら本を読んでました。暑くなったのでプールで泳ぎ仰向けでボンヤリと雲を眺めていたら、「日本にもこんな雰囲気のある建物があればなぁ」と思いました。そして日本に帰ったある時、不動産業を営む友人からモデルハウスの相談を持ちかけられて「バリ風の住宅どうでしょう!」と提案したら、「それいいですね!」と・・・・それがすべてのはじまりでした。

アトリエシゲ一級建築士事務所

http://atshige.com/

建築家:湯山シゲユキ

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。